top page




はじめての方へ

初心者はもちろんですが、ピアノ上級者、コンクール入賞、指導者・演奏家を目指していらっしゃる方は特にご一読下されば幸いです。

ピアノのコンディションが良い時、ピアノは体の一部のように、ピアノの状態を意識することなく、イメージ通りに演奏できるものです。装飾音はうまく決まり、柔らかなピアニシモも緊張することなく、早いパッセージも軽やかに粒揃いに、柔らかなトリルも決まり、メロディと伴奏のバランスも違和感を覚えず、鋭いフォルテも出て、ペダリングも違和感なく、自分の奏でる音楽に陶酔しきることができるものです。

当調律所は上記のようなコンディションに、短時間かつ低コストで仕上げることを念頭に置いております。

現在、札幌市を中心に活動しておりますが、おかげさまで本当に多くのお客様に支えられながら長い間この仕事に携わることができ大変感謝しております。

もっと弾きやすいピアノにならないだろうか?イメージ通りの演奏ができないだろうか?とお悩みでしたら是非一度ご依頼ください。多くの方々にご満足頂いております。

「一級ピアノ調律技能士」「スタインウェイ公認コンサートチューナー」これら両方の資格を持つ調律師は北海道には私を含め3人しかおりません(2016年9月現在)。短時間で多くの工程をこなし、お客様に感動を与える技量を有していると自負しております。

ピアノ購入時のアドバイスも承っております。演奏者に応じたピアノ、設置場所、ご予算、などお気軽にご相談下さい。心よりお待ちしております。

新着情報

new
調律後のお客様の声」に頂いたメールを追加いたしました。その他もいくつか頂戴しております。有難うございました。

ピアノ調律技能士とは?

2011年度よりスタートした国家資格(1級~3級)で、グレードにより試験内容も高度になり、年に1度の試験が毎年実施されます。(参考サイト:ウィキペディア

北海道内では、2016年9月現在15名の調律師が1級を取得しております。

初心者、上級者問わず、ピアノのコンディションは演奏力や上達に大いに影響があります。 ピアノ調律師はスポーツの世界で言えば、差し詰め「マネージャー」といったところでしょうか。選手の健康や栄養を管理したり、怪我や身体をケアしたり、選手が上達してゆくための縁の下の力持ちとなります。 スポーツ選手にどのようなマネージャーがつくのかによって、未来は大きく変わると言っても過言ではないと思います。

 

 

 

 

 

 

 




無料 アクセス解析ラティース